Brain of Cthulhu

提供:Terraria Japan Wiki

移動: 案内, 検索

目次

[編集] データ

基本データ
名称 Brain of Cthulhu
『クトゥルフの脳』
種類 Boss
出現エリア The Crimson
出現条件 Crimson Heart.png Crimson Heartを3つハンマーで破壊する。
The CrimsonBloody Spine.png Bloody Spineを使用する。
ドロップ Crimtane Ore.png Crimtane Ore x40~90(100%)
Tissue Sample.png Tissue Sample x30~50(100%)
Lesser Healing Potion.png Lesser Healing Potion x5~15(100%)
Bone Rattle.png Bone Rattle (5%)
Brain of Cthulhu Trophy.png Brain of Cthulhu Trophy (10%)
Brain of Cthulhu Mask.png Brain of Cthulhu Mask (14.29%)
・3 Gold Coin.png Gold Coin

Expert Modeのみ
Treasure Bag (Brain of Cthulhu).png Treasure Bag (Brain of Cthulhu)100%

各形態データ
形態 First Form(第1形態) Second Form(第2形態)
画像 BofC first.png BofC second.png
HP Normal:1000
Expert:1700
攻撃力 30 30
防御力 14

[編集] 概要

[編集] 攻略

  • 第一形態では本体に食らい判定がなく、ダメージを与えることができない。攻撃判定はあるので接触するとダメージを受ける。取り巻きのCreeper.png Creeperを全滅させると第二形態に移行する。
  • 第二形態になると本体に攻撃できるようになる。本体のHPを0にすれば撃破できる。
  • 第一形態では攻撃速度に優れる、あるいは貫通性能のある遠距離武器で近づいてくるCreeper.png Creeperを迎撃していくと良い。Throwing Knife.png Throwing Knife、ヨーヨーあたりがおすすめである。高価だがMinishark.png Minisharkも使える。防御力が高ければ近接武器をその場で振り回すのも有効である。
    • Medusa Head.png Medusa HeadCreeper.png Creeper全てを同時に攻撃できるため、あれば第一形態の対処が非常に楽になる。
      1.3.1よりMedusaの出現がハードモードに変更されたため、別ワールドから持ち込むなら可能ではあるが、初回プレイ等で進めている場合は利用できない。
  • 第二形態では、ワープしてきたボスを見てから迎撃するという形で攻撃する。ボスはノックバックでその場から動くことができない。武器は第一形態で使った遠距離武器がそのまま使える。ボスとの距離が近くなるので、Harpoon.png Harpoonなら高速連射で大ダメージを与えられる。ボスのワープ先を読めないので、あちこち動き回るのはかえって危険である。

[編集] 行動パターン

第一形態

  • Creeper飛ばし

本体からCreeperを飛ばす。プレイヤーの攻撃を当てるか、ある程度進むと動きを止めて本体の方へ戻っていく。ワープで本体の位置が変わると、Creeperも移動先を変える。

  • ワープ

別の場所にワープする。ワープ先はランダムでプレイヤーのすぐそばに出ることもあれば、遠くに出ることもある。Creeper飛ばしとタイミングが重なると、Creeperが予想外の方向へ動き出すため回避が難しくなる。

第二形態

  • ワープ→突進

ワープした後にプレイヤーの方へ移動する。移動中のボスに攻撃を当てると、ボスの動きが鈍る。

[編集] 1.3 Normal Mode

ダメージが防御力を無視する確率が追加された(1.3.5)

[編集] 1.3 Expert Mode

  • MAXHP 1700
  • 敵の攻撃を受けると、様々なデバフ効果を受けるようになっている。
  • 第1形態:Creeperの数とHPが増加している。
  • 第2形態:HPが減ってくると、分身を出現させプレイヤーを惑わせてくる。また出現→体当たり→ワープの間隔が短くなっていく。最終的には矢継ぎ早に体当たりを繰り返してくるようになる。攻撃を受けると高確率でCursedのデバフを受けてしまい一気に危険度が増すので、早めに決着をつけたい。
    • 分身には当たり判定はない。分身は始めは半透明ですぐに偽者だと分かるが、瀕死になると全く判断付かなくなるほど濃くなる。
    • 状態異常を付与してしまえば、そのエフェクトで判別が可能。

倒すとドロップ品がたくさん詰まったTreasure Bagが出る。Brain of Confusion.png Brain of Confusionが必ず中に入っている。

[編集] 攻略

  • The Crimsonの洞窟内は非常に狭く、戦いづらい。戦いやすい場所で召喚アイテムを使った方が安全である。
  • 第一形態はCreeperの数が多すぎて近接武器では厳しい。貫通性能のある遠距離武器を使うと良い。Creeperは遠くまで飛べないので、ワープを見てから本体から離れるよう動けば被弾を減らせる。
  • 第二形態はノックバック耐性は変わらないため、状態異常にさえかからなければNormal Modeと同じ感覚で戦える。

[編集] 余談

  • かつては上位鉱石採掘のために必ず倒す必要があったが、現在はReaver Shark.png Reaver Sharkがあるため無視して進むことができるようになっている。


モンスター
 
通常
レア
イベント専用
特殊スポーン
モンスター
(Hardmode)
ハードモード
レア・ミニボス
ハード
イベント専用
ハード
イベントボス
イベント
ボス
ハードボス


スポンサード リンク

スポンサードリンク