World Seed

提供:Terraria Japan Wiki

移動: 案内, 検索
この項目は情報が不十分か古いバージョンの情報のままです。
加筆、訂正などをしてくださる協力者を求めています。
  • 特殊Worldの情報不足

ワールド生成時に使用する乱数。これによりワールドの各要素が決定される。
1.3.4以降で生成したワールドには全て設定されているが、1.4からはSeed値を自分でも入力できるようになった。
入力した数値の前に3つ数字(*.*.*.)が追加される。
これはワールド生成時のデータになっている。

ワールド作成時の各項目のボタンを押すと自動で以下のデータが追加されるが、Seed値を入力する時に入れても反映される。
ただし該当しない数字を入れた場合は近い数字が割り当てられる。

 
(ワールドサイズ)

(難易度)

(不浄/真紅)
1スモールクラシックThe Corruption
2ミディアムエキスパートThe Crimson
3ラージマスター-
4-ジャーニー-
参照元: 公式Wiki
World Seed

目次

[編集] 特殊World Seed

参照元: 公式Wiki
Secret world seeds

Seed値を入力する際、特定のキーワードを入力すると特殊なワールドが生成されるようになる。(所謂イースターエッグ)。
通常のワールドと違い、同じSeed値を使ったとしても必ず同じワールドが生成されるわけではない。
Drunk worldとCelebrationmk10は数字の前に0をいくつか加えても生成される。
Seed値のランダム生成方法の仕様上、超々低確率であるがDrunk worldとCelebrationmk10はSeed値をランダムにしても生成される可能性がある。


[編集] Not the bees

参照元: 公式Wiki
Not the bees

Seed値:not the bees or not the bees!
大部分がジャングルバイオームで構成されたHoney BlockHoneyだらけのワールド。Bee Hiveが地表まで出ており、地上にもLarvaが配置されている。
通常、があるはずの場所には代わりにハチミツが溜まっており、Oceanもまた蜂蜜の海になっている。
また、地下深くの溶岩がある層の大半のブロックはCrispy Honey Blockで構成されている。 汚染はCorruptionで固定されており、初期NPCはMerchant
いたるところにLarvaがあるためQueen Beeのドロップアイテム集めがしたい人にはうってつけ。
ただし、OasisSpider Caveが生成されないためStylistに会うことができず、このワールドではBestiaryが完成しない。


[編集] Drunk world

参照元: 公式Wiki
Drunk world

Seed値:05162020 or 5162020
     now aunt brush or Joke Disappear Horizon or disapprove stiff solution
「Drunk world(酔いどれワールド)」などと呼ばれている。生成時のメッセージが意味不明な字の羅列だったりCorruptionCrimsonが同時に生成されたりする。
Copperなどの鉱石も全種類生成される。Hardmode後に出現する鉱石も6種類。ただしAlterを壊した時に生成されるのは変わらず1種ごとなので、より多く壊す必要がある。
CorruptionCrimsonhardmodeへ移行するとワールド生成時に選択していなかった方の環境がHallowに上書きされる。初期NPCはParty Girl
これはユーザーが発見したものらしい(Seed値を見ると1.4実装日になっている)。
通常と違うBGMが流れるが、これは制作中止になった「Terraria: Otherworld」で使われる予定だったものとのこと。
通常のものとは別扱いでMusic Boxに登録可能。
なお一度でもこのワールドに入ると、どのワールドでもParty Girlに話しかけて「Music」を選ぶと通常BGMとこちらのBGMが切り替え可能になる。
Arms Dealerが売る弾丸がSilverかTungstenかはワールドをロードするごとに決定される。
Living Mahoganyがジャングル以外にも生成される。生成率も高くなっている。
Moon Lord Legs.png Moon Lord LegsRed PotionがChestに入っている事がある。
Granite CaveMarble Caveの地形・構造が入れ替わる。
敵のサイズが一部変わっている。
Desertにピラミッドが生成される確率が高くなる。
通常Jungleには中に入れる穴のような部分があるが、それがない。
CorruptionCrimsonが同時に、ワールドの中心を境に反対側に生成される。
ダンジョンとジャングル寺院は茶色に色が塗られており、ダンジョンの入口は地表にはなく、これまた茶色に塗られているLiving Woodの中にある。


[編集] For the worthy

参照元: 公式Wiki
For the worthy

Seed値:for the worthy
仕様の違いにより、通常のワールドより難しくなっている。
敵の接触ダメージ・体力・コインの量が、ワールドの難易度設定からさらに33.33%増加する。 Red PotionがChestに入っている事があるが、このワールドのみRed Potionの効果が良い効果になっている。
地表近くまで溶岩が存在したり、壺に入っている爆弾がドロップされた時点で普通に投げた時と同じく爆発する(つまり回収できない)。初期NPCはDemolitionist
生成時のメッセージやtipsが全て左右逆に書かれている
DemonはすべてVoodoo Demonに置き換えられており、故に通常のDemonに会うことはできないので、Bestiaryは完成しない。
BunnyExplosive Bunnyに置き換えられる。
Floating Islandsは汚染されており、Skyware ChestではなくロックされたGold Chestがある。しかしSky系のCrateを釣ることはできる。
すべてのChestの中に、固有アイテムの代わりにAngel Statueが入っていることがある。
ボスの大きさが通常より大きいが、小さいものもいる(Wall of FleshThe TwinsGolem)。行動も少々変わる。


[編集] Celebrationmk10

参照元: 公式Wiki
Celebrationmk10

Seed値:celebrationmk10 or 05162011 or 5162011 or 05162021 or 5162021
    Thirst of dress or engineer governor reproduction or inform Representative yorai
Terrariaの発売10周年を記念して、Ver1.4.2.3アップデート(2021/05/16)で実装されたワールド。
簡単に言うと、プレイヤーに有利な仕様が多数盛り込まれている。
初期NPCはGuide(Andrew)・Party GirlSteampunker(Whitney)・Princess(Yorai)・Town BunnyAngora Bunny.png Angora)。
最初からPartyが始まっている。
初期スポーン地点はワールド左右どちらかの端のOcean
ブロックには別の色が最初から塗られており、通常ワールドと雰囲気がまるで違う…というか違うブロックに見えて非常に紛らわしい。
砂漠にはPyramidが必ず生成されており、PrincessTerragrimなど通常ワールドでは売っていないアイテムを扱っていたり、Rod of Discordのドロップ倍率が引き上げられていたりする。
Treasure BagからDeveloper itemsが出現する確率が2倍になり、すべてのTreasure BagからDeveloper itemsが出現する可能性がある。
Traveling Merchantのアイテム販売枠が2つ増える。
Wizard Hatに召喚数を増加する効果がつく。
Chestに入っている武器やアクセサリーに上質な称号がついている。内容は称号の項目参照。

  • 近接武器:Legendary(伝説の)・Godly(神々しい)・Ruthless(冷酷な)
  • 遠距離武器:Unreal(幻の)・Demonic(悪魔の)・Ruthless
  • 魔法・召喚武器:Mythical(神話の)・Demonic・Ruthless
  • アクセサリー:Lucky(幸運の)・Menacing(危険な)・Quick(電光石火の)・Warding(頑丈な)

通常は生成ルールの都合上でつかないはずの称号がつくこともある。

Jungle Mimic.png Jungle MimicGolden Slime.png Golden Slimeが出現することがある。これらはBestiaryには記録されない。
Fairyが通常より出やすい。特にピンク。


[編集] The Constant

参照元: 公式Wiki
The Constant

Seed値:the constant or theconstant or constant or eye4aneye or eyeforaneye

「Don't Starve Together」とのコラボアップデートであるVer.1.4.3にて追加された特殊ワールド。
一番の特徴は空腹度のようなシステムが追加され、時間とともに変化していく点。胃袋のような絵柄のバフ・デバフアイコンで確認可能。

  • ワールドに入った直後、もしくはWell Fed系の効果が切れると5分間バフ「Peckish」が発生するが、この状態では何も変化はない。
  • 5分経過すると代わりに5分間デバフ「Hungry」が発生。攻撃力5.1%低下、防御力-2、近接攻撃速度5.1%低下。
  • さらに5分経過すると代わりにデバフ「Starving」が発生。1秒ごとに最大ライフの2%のダメージを受け、何かFoodを食べるか、死ぬまで続く。

以上の3つの状態異常は、Foodを食べてWell FedPlenty SatisfiedExquisitely Stuffedのいずれかのバフで上書きが可能。
効果時間が切れるとまた「Peckish」に戻る。

それ以外にも

  • ワールドのアイコンが他とは違い、広葉樹ではなく針葉樹になっている
  • ワールド生成時、ランダムで二者択一になっている鉱石のうち、Iron OreGold Oreが必ず選ばれる(つまりLead OrePlatinum Oreは生成されない)
  • ワールド生成時とワールド内で(Lightning:ColorかWhiteの時)画面がセピア色になるが、Radio Thingを装備していると元に戻る
  • プレイヤーがダメージを受けた時の効果音が「Don't Starve Together」と同じ音になる
  • 「Don't Starve Together」関連アイテムのドロップ率が通常より高くなる
  • サボテンに接触するとダメージを受ける
  • が降ると、TorchCampfireが、遮るものがない場合に火が消えて効果を発揮しなくなる
  • プレイヤーが完全な暗闇の中にいると特殊メッセージが出てダメージを受ける(Torchなどの光源になるアイテムを持つか、光のあるところに行けば収まる)
  • 小さなSpider Caveが地上に生成される
  • 地上に少量のMarble Blockが生成されていることがあり、何らかのStatueが置かれている

など、「Don't Starve Together」を再現した数々の特徴がある。



スポンサード リンク

スポンサードリンク